興信所のトラブルを回避するための方法を紹介

興信所を選ぶ前に悪質な業者とのトラブルを知る

興信所選びでもっとも注意しないといけないのは、調査料金ですが、悪質な業者とトラブルになるのもこの料金に関するものです。
注意しているのに何故悪質な業者に騙されてしまうことがあるのでしょうか?
興信所と依頼者との間でトラブルがあると耳にしたことがある人にとっては、注意するはずなのに、それでも悪質な業者の手口を見破ることは困難です。
何故なら、依頼を出した時点では悪質な業者と気が付かない、ヘタをすると調査報告書を出されても気が付かないことがあるからです。
悪徳業者の巧妙な手口として有名なのは、「水増し請求」です。
水増し請求ときくと、金額が明らかに高いと気が付くものですが、その水増し請求の特性を逆手にとった方法で金銭を騙し取るのです。
その方法は、契約書に書かれた調査員の人数、調査時間を少なくするといった方法です。
興信所の依頼料金はもともと高いということは依頼人のみなさんは知っています。なので契約書に書かれた料金に疑問を持つことはないので、そこを逆手にとり、少ない調査員の人数、また短い調査時間で調査に手を抜いて、お金を騙し取るといった手段がとられます。
この方法は依頼人が気がつかないことが多く、調査結果も「そんなものか」と納得は出来ないが、仕方がないと思わせることでまんまと騙しているのです。